肩こり・首こりの痛み

肩こり・肩の痛み

肩こり

  • 仕事柄、デスクワークが多く肩に負担がかかっている
  • いつも肩がこっていて、重苦しく感じる
  • マッサージ店に定期的に通っている
  • マッサージをしてもらったのに、痛みが悪化した

腰痛と同様にご相談の多い、肩こり・肩の痛み。私たちを大いに悩ませる身近な症状と言えます。

痛みや症状は患者様によって変わるものの、重苦しい痛みで日常生活に支障をきたしている方は多いです。また、症状が悪化すると、首の痛み、めまいや吐き気、頭痛などのトラブルにまで発展することから、早期対応・早期治療が必要になります。

肩こりの原因とは?

一般的に、肩こりの原因は「筋肉の血行不良」だと考えられています。長時間の同じ姿勢や緊張によって肩まわりの筋肉が硬直し、血行が悪くなるためです。デスクワークや長時間のパソコン作業、最近ではスマートフォンの使い過ぎなどがその原因だと言われています。

そのほかにも、肩こりの原因には

  • 筋肉のバランス
  • 筋膜の状態
  • 骨格や姿勢のゆがみ
  • 関節の可動域と柔軟性
  • 日常生活での癖

などがあり、お互いが複雑に絡み合った形で症状を引き起こします。

肩がこるからと言って原因が肩だけにあるとは言い切れず、全身のバランスが崩れることによって肩こりが起こる、と考えたほうが適切です。

肩こりの改善に必要なアプローチとは?

肩こりの症状を改善するには、安易なマッサージでは不十分です。特にマッサージ店で受けられるマッサージは主にリラクゼーションを目的にしているものであり、治療目的ではないためです。患部をもみほぐしてもらうことで一時的には楽になりますが、後になってもみ返しなどが起こり、症状が悪化するケースも少なくありません。

当院では、コリの深い症状に対して、手技だけでなく鍼灸などを使用することもあります。深部の筋肉にアプローチできるため、マッサージ店を転々としている方には特におすすめです。

また、肩こりの原因が肩だけにあるとは限らないため、全身のバランスを確認しながら症状を改善していく必要があります。背骨や骨盤のゆがみを整え、特定の部位に負担がかかっている状態を治していくことこそが、肩こり解消への近道です。

また、普段の生活や癖などを見直したり、セルフケアでできる範囲のアプローチをしたりなど、ご自分でも可能な改善点を見つけていくことも大事です。当院でもこのようなポイントを踏まえたうえで肩こりの治療を進めていきます。肩こりにお悩みの方はぜひ一度ご相談ください!

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩

  • 肩まわりに強い痛みが走る
  • 肩が痛くて腕を上げられない
  • 腕を回すと痛みがある
  • 痛むのは「歳だから」と諦めている

痛みを伴うだけでなく、関節の可動域も狭めてしまう四十肩・五十肩。

正式には「肩関節周囲炎」と言われています。両方の肩ではなく、片方の肩に症状があらわれるケースが多いです。「四十肩・五十肩」との名前通り、40代~50代の方の発症率が高いですが、60代~70代の方はもちろん、近年では30代後半の方でも発症するケースもあります。

四十肩・五十肩の原因とは?

肩こりも四十肩・五十肩も肩に起きる症状ですが、肩こりが筋肉の血行不良を原因とするのに対し、四十肩・五十肩は肩関節包の炎症によって起こります。肩関節周辺の組織が炎症と伸縮を起こし、その結果、痛みや可動域制限などの症状があらわれます。

これらの炎症や収縮の原因自体はまだ解明されていませんが、40代からの発症ケースが多いこともあり、老化現象の一つとして考えられています。四十肩・五十肩にもさまざまな種類があり、また症状によって適した対応が変わってきます。特に急性期には安静が求められ、慢性期に治療を開始するのが望ましいと考えられています。

患者様の症状を的確に把握したうえで、一人ひとりに合わせた対応をご提案するのが何よりも大事なポイントになります。当院でもこのようなポイントを踏まえたうえで四十肩・五十肩の治療を進めていきます。四十肩・五十肩にお悩みの方はぜひ一度ご相談ください!

首こり・首の痛み

首・肩の痛み

  • 急に首を寝違えてしまった
  • 首から肩にかけて、激痛が走る
  • 痛みのあまり首や肩を動かせない
  • 患部に触ると、熱がこもっているような感じがする
  • 頭痛や目の疲れを感じる

首を寝違えてしまい、あまりの痛みに首や肩を動かすときに躊躇したり、翌朝起き上がるのを怖く感じてしまう経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

前日に寝違えた様子がなくとも、ご自身で気付かないうちに寝違えている可能性もあります。首は私たちにとって重要な神経が密集している場所なので、痛みを感じたらすぐに適切な対応を考えましょう。

放置しているとほかの部位にまで悪影響を及ぼすことがあります。寝違えは基本的に数時間から1日で症状が治まりますが、ひどい場合には1週間以上かかるケースもあります。また、デスクワークの多い方などは、肩こり同様に、首にも負担を掛けやすくなります。「慢性的なものだから」「そこまで気にならないから」と放置してしまう方も少なくありませんが、症状が進行すると頭痛やめまいなどが引き起こされたり、腕が上がらなくなったりなど、日常生活で大変な思いをすることになりますので注意が必要です。

寝違えや強いコリにの改善に必要なアプローチとは?

首には多少の柔軟性があるため、寝ている間にある程度の負担がかかっても耐えることができます。それなのに朝起きたら寝違えているということは、普段から首に負担をかけていて、首が限界状態を迎えていると考えられます。

寝違えによる首・肩の痛みは筋肉と筋膜組織の炎症が原因であるため、それに応じた対応が必要です。安易なマッサージは大変危険なのでやめましょう!しっかりと力加減を見極めたうえで、専門家による筋肉調整を行い、症状を抑えていく必要があります。

また、体の柔軟性を改善させることも必要です。それに加えて普段からの生活習慣の見直しやストレスへの対応などが、寝違えによる痛み改善やコリの防止に役立ちます。

まこと整骨院・鍼灸院ではこのような首のコリや痛みに対し、慎重な原因確認と丁寧な治療で症状改善までのサポートをさせていただきます。首・肩の痛みの治療をご希望の方は、お気軽にご相談ください!

施術費用について

準備中です

まこと整骨院・鍼灸院 TEL:0229-22-2216
一番上に戻る