長引く腰痛の症状

長引く辛い腰痛にお困りではないですか?

腰痛

  • ほとんど毎日、腰が痛む
  • 座っているときは常に腰が痛い
  • 歩行時、立っているときに腰が苦しい
  • 治ってはすぐ症状がもとに戻る
  • 朝、起き上がれないほどに強い痛みがある
  • マッサージ店や湿布で一向に改善されない

こんな辛い毎日を送っている方は少なくありません。

身体の要となる腰。そこに痛みが生じると、日常生活に支障をきたしてしまうような症状にもなり兼ねません。常に痛みがある場合や動くと痛みが走る場合、安静にしていても痛みがある場合など、症状のあらわれ方は患者様によって異なります。

まこと整骨院・鍼灸院ではこのような腰痛に対し、慎重な原因確認と丁寧な治療で症状改善までのサポートをさせていただきます。腰痛の治療をご希望の方は、お気軽にご相談ください!まずはしっかりと、原因の見極めからおこないましょう。

 

ぎっくり腰(急性腰痛症)

ぎっくり腰

  • 初めて、ぎっくり腰になってしまった
  • 前かがみになると強い痛みが走る
  • くしゃみや咳などで、腰に響く痛みがある
  • 一度治療をしたが、症状がぶり返してしまった
  • 再発が怖くて、満足に動けない

急激に強い痛みが走るぎっくり腰。「腰椎捻挫」「急性腰痛症」とも言われています。

突然症状があらわれる場合と慢性的な腰痛が重なって起こる場合とがありますが、どちらにしても早い段階での適切な治療が必要です。

ぎっくり腰の原因とは?

ぎっくり腰の原因は、主に「椎間板の捻挫」です。これにより脊柱・骨盤の周辺筋肉や組織が損傷を受けるために、痛みとなってあらわれるのです。

腰をひねる・反り返す動作をしてぎっくり腰になる場合もあれば、慢性的な腰痛によって腰に負担がかかり、限界を迎えた形でぎっくり腰になる場合もあります。そのため、普段からデスクワークをされている方、重い荷物を持つ仕事をされている方は要注意です。

 

坐骨神経痛

  • 腰痛だけでなく、痺れを感じる
  • お尻や太ももにかけて痺れがある
  • 麻痺しているような感覚がある
  • 病院でみてもらったが湿布をもらって終わった

坐骨神経痛は腰痛と同時にお尻から太もも、足先にかけての痛みと痺れを伴います。日常生活に大きく影響を及ぼすことから、早めの治療と適切なケアが必要です。

坐骨神経は、私たちが歩いたり下半身のバランスをとったりするうえで重要な役割を果たしています。腰椎と仙骨から出た神経が合わさったもので、臀部から太もも、足先までつながっています。ここで腰から臀部までが圧迫されると、痛みや痺れなどの症状があらわれます。

また、臀部にある梨状筋が硬くなると下にある坐骨神経が圧迫され、それによって坐骨神経痛が引き起こされる場合もあります。坐骨神経痛の改善を目指す場合、背骨・骨盤周辺の筋肉を和らげて坐骨神経の圧迫を取り除く必要があります。また、梨状筋のこわばりも緩和することも大事です。

ヘルニア

  • 咳やくしゃみで腰に激痛が走った
  • 腰が痛くて長い時間歩けない
  • 立っているだけでも辛い
  • 下半身に痺れを感じる
  • 足に力が入らない

背骨を支える脊椎同士の間にある、クッションの役目を持つ椎間板が飛び出ると、このようなヘルニアの症状があらわれます。椎間板ヘルニアとして診断されることが多いです。また、坐骨神経痛の原因として椎間板ヘルニアの可能性が考えられるケースもあります。

加齢や腰への負担によって椎間板組織が飛び出すことで神経が圧迫され、痛みや痺れなどの症状があらわれます。時には足に力が入らないほどの深刻な症状を伴うことさえあります。椎間板ヘルニアを治療する際、まず医療機関での診断が必要となるケースが多いです。レントゲンやMRIで患部の状態を確認してもらいましょう。病院では基本的に痛みを抑えながら様子を見る保存療法と、飛び出した椎間板組織の摘出・患部の炎症抑制などの手術療法が行われます。

椎間板ヘルニアを放置していると、最悪の場合、下半身不随を引き起こすケースがあります。ヘルニアの症状自体は時間がたつごとに軽くなっていくこともありますが、自己判断は危険です。決して軽視せず、医療機関や整骨院などの治療で症状の緩和を目指していくことが大事です。

 

腰痛の治療法について

腰痛の改善に必要なアプローチとは?

筋肉疲労が起こると体の老廃物がスムーズに排出されなくなり、体内に蓄積されます。それによって背骨や骨盤がゆがむことから、腰のまわりを支える腸腰筋・脊柱起立筋・腰方形筋のバランスが取れなくなり、結果として腰痛が起こるのです。それ以外にも、内臓の不調や便秘が腰痛の原因となる場合もあります。

慢性的な腰痛も、ぎっくり腰などの急性の症状も腰や背中周辺の筋肉にこわばりが生じ、疲労が蓄積していることがほとんどです。丁寧に手技によってほぐしていきながら、症状によっては治療機器を使用して早期改善を図っていくこともあります。

 

 

再発防止を目指して

腰の痛みは骨盤周囲や全身の関節が痛みの原因を作っていることがほとんどなので、再発を防止させるためには全身の骨格バランスを見直していく必要があります。ぎっくり腰に限らず、腰痛は体のゆがみから来ているケースが非常に多いので、バランスを戻して正常な機能を取り戻すことが大事です。

また、日ごろの姿勢が悪ければせっかく治療をしても症状が再発しやすくなります。普段からのセルフケアや生活習慣の改善も不可欠なポイントになってきますので、当スタッフが日常生活での注意点をアドバイスさせて頂きます。

腰が痛いとなれば、対症療法として、マッサージや注射、薬などを使用する方が多いです。しかしそれらによって改善を期待しても、痛みの原因を明確にして根治させなければ、後から再発するだけです。症状の根本的な改善と再発防止を目的にした治療こそが、腰痛解消に役立ちます。

当院ではそのようなポイントを踏まえたうえで腰痛の治療を進めていきます。腰痛にお悩みの方はぜひ一度ご相談ください!

施術費用について

準備中です

まこと整骨院・鍼灸院 TEL:0229-22-2216
一番上に戻る